忍者ブログ
てこ綴り
日常のこと、お仕事のこと、趣味のこと、記憶の引き出しのこと・・・。思いつくままに綴ります。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11日、京の伝統産業わかば会から
龍村光峯さんでの工房訪問・見学にお邪魔しました。

今回は沢山の参加者がありましたので、2班に分かれ、
・龍村光峯さんのお仕事、作品についての説明
・高機の機織り体験
をさせていただきました。

「錦」とは、「丹(に)」+「白(し)」+「黄(き)」
からなる、 多彩な色を持つ美しい織物、
という意味なのだそうです。
錦の織物の美しさを鑑賞し、
それを美しく織るための楽しさと
難しさを体験させていただきました。





私が織っている「つづれ織」と「錦織」。
「織物」というジャンルは同じなのですが、
動作?作業?が結構、違います。



杼(ひ。シャトル。横糸を縦糸に通すための道具)
の持ち方が違う!
あし(ペダル。縦糸と連動している)
の踏む回数、踏む理由が違う!
これは…大変そうだけど楽しそう!

貴重な体験、ありがとうございました。

拍手[0回]

PR
説明すべきこと。

「こ、こんな若輩者でよいのですか?!」
若輩者でよいのだと、おっしゃっていただいたので
僭越ながら、お話させていただくことになりました。

あまり背伸びしないで、お伝えできればと思います。

先日、10分の発表のために使った資料を
1時間の拡大版にしようとしています。
盛りまくり…。

私が知り得るかぎりの技術の説明をしようかな?
と思っています。
できるかぎり自分の仕事は
「希少な」とか「高級な」という言葉を
掲げたくないのですが、
じゃあなぜ私が使うのと同じ技術で織ったものは
だいたいのものが高価で、
同じ「つづれ織」と言い、「希少な」とうたいつつも
安価なものが存在するのか?
その辺りも説明しないといけないのかな?とも思います。

あなたの初仕事はなんでしたか?
私の初仕事は、厚紙のへりに紙やすりをかけることでした。

拍手[0回]

イタリアへ。
6月8日~15日イタリアへ行って参りました。

京都市の催しに参加させていただきまして、
9、10日にはミラノ万博の日本館「京都ウィーク」での実演を行いました。
 
 





ステージ上での実演でしたが、やはり細かい作業ですので
実演の後半はお客様にも舞台に上がっていただき、
また、体験もしていただきました。

  

 

13日には「ciao kyoto」という
京都の食や、伝統工芸をミラノに売り込むイベントに参加しました。
 


会場には、京都市長のお姿も。
ミラノ在住のイタリア人の方、日本人の方をお招きしたパーティーで
沢山の方と出会い、お話する機会をいただきました。
片言の英語でコミュニケーションを取るという
度胸もいただきました。苦笑
 




滞在中はイタリアの食も堪能し、



ミラノの実演と、商談会との間の日程にはフィレンツェにも行きました。
何人かの現地の職人さんにもお会いしました。
とてもよい出会いでした。



とても有意義な1週間でした。
もしかしたら改めて、
細かい感情を入れつつ書き記していくかも知れません。
 

拍手[0回]

無事、終了しました。
ご報告が大変遅くなりましたが、
「京の伝統産業わかば会 初めての展示販売会
               ~和華波 the first step~」
無事に終了いたしました。

お越しくださった皆さま、
お手伝いくださった皆さま、
ご参加くださった皆さま、
本当にありがとうございました!!





拍手[1回]

家紋という考え方。

私の父方の墓は、どう見ても小山を墓地にした
その中腹にあったので(しかも山の中で4か所めぐる)
小さい頃から、お墓参りは億劫で…
ちょっとした楽しみといえば、
いろんな名字や家紋を探すことでした(こらこら…)。
いつしか家紋帳なるものすら存在すると知り、
そのデザインの多様さにゾクゾクしたものでした。

 家系にマーク=シンボルがあるって面白いと思うのです。
でも1つになったり、なくなっていくのも、もったいない。
私に命をつないでくれた人たちのも、
傍にいてくれる人に命をつないでくれた人たちのも、
全部ひっくるめて私の紋!と思って、
「丸」を織る練習として織りました。





先日、相方に
「うちの実家の家紋は「鶴の丸」やけど、
家紋を使うことがあったら、
女紋やったら母方の「下がり藤」やろね」
と言ったら、「おんな紋て何?」と返ってきました。

調べると、一部地域の風習のようです
(気になった方はお調べください)。
しかも私は「女性は母方のを継ぐ」と聞いた気がしましたが、
それもいろいろ説があるようで、それだけで1つの文化と知りました。

その中で、実家と嫁ぎ先、合成したものも存在するそうです。
やっぱりそう思うよね~!!
…でも、織ってって言われたら…嫌やな。

拍手[0回]

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
| prev | top | next |
プロフィール
HN:
teco
性別:
女性
職業:
織り子
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新TB
最新CM
モバイル版ブログ
ブログ内検索
フリーエリア
P R
Design by Lenny
忍者ブログ [PR]